優秀演題発表賞の対象者は、一般演題(口演発表)への演題登録時に同賞への応募を表明した若手研究者(2020年10月15日時点で40才未満、ただし出産・育児・介護での休職年数を実年齢から差し引き可)とします。応募者を抄録での事前審査(プログラム委員会メンバーによる査読による採点)で絞りこみ、学会発表時の本審査(セッション座長による採点)を行います。査読の点数と実際の発表を考慮して、優秀演題発表賞選考委員会で若干名の受賞者を決定します。